資本市場  11月(75)

資本市場研究会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 130) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;No.1(1985年9月)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 損失保証・損失補填の経済的・法的位置づけをめぐって / / p5~38
  • 証券市場の信頼性回復に向けて / 鈴木芳徳 / p52~66
  • 今後の金融・資本市場システムの在り方 / 鈴木淑夫 / p67~79
  • 「証券取引法及び外国証券業者に関する法律の一部を改正する法律」について / 中村明雄 / p112~117
  • 《金融界》 変化する生保の株式投資戦略 / / p42~42
  • 《証券会社》 店頭市場の機械化に期待する / / p43~43
  • 《証券界》 アナリストの役割 / / p44~44
  • 《産業界》 ビジネスマンのつぶやき / / p45~45
  • 赤字決算続出、証券会社の9月中間決算--迫られる経営の抜本的見直し / / p48~49
  • 前例のない厳しい内容、4社処分--最高6週間の営業停止 / / p49~50
  • 手数料の段階的自由化表明--日米金融協議で日本側 / / p50~51
  • 財政再建路線に黄信号--バブル崩壊で歳入欠陥 / / p51~51
  • 証券会社の自己資本規制 / / p46~47
  • 証取審、株式手数料制度の見直しを検討--証券免許基準の明確化も俎上に / / p40~41
  • 国際金融の梗塞化に要注意 / 高橋乗宣
  • パーティー・イズ・オーバー / 小林陽太郎 / p97~99
  • ハイヒールを脱いで / 畑恵 / p99~102
  • おいしい物だけ食べてたい / 友竹正則 / p102~104
  • <フランス発> フランスゴルフ事情 / 谷口吉信 / p106~107
  • 日本の「アセット・マネジメント」あれこれ(32)投資信託 その「明日の貯蓄の手段」としての役割について(その9) / 田邊曻 / p82~95
  • トップのぷろふぃる--東洋通信機(株)取締役社長--伊東祐弥 / / p105~105
  • <ふろむユー・エス・エー>大詰めで腰砕け?米国の金融制度改革 / / p108~108
  • <ふろむヨーロッパ>5周年迎えたビッグ・バン / / p109~109
  • (株式)日経平均、2万5,000円台回復 / / p110~111
  • (公社債)金融緩和期待で続騰 / / p110~111
  • (兜町)兜町の複雑な、複雑な気持ち / / p66~66
  • (本石町)悩ましい郵貯への資金シフト / / p72~72
  • (霞が関)証取審、顔ぶれ新たに再開 / / p117~117
  • 資本市場資料 / / p127~133
  • 審議会・調査会の動向 / / p118~121
  • 関連団体の動き / / p122~126
  • 資本市場日誌(平成3年9月25日~平成3年10月29日) / / p134~136

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 資本市場
著作者等 資本市場研究会
書名ヨミ シホン シジョウ
巻冊次 11月(75)
出版元 資本市場研究会
刊行年月 1991-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09123245
NCID AN10018134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00050080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想