短歌  13(10)

角川書店 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.01~;本タイトル等は最新号による;60巻12号から62巻8号までの編者: 角川学芸出版;12月に増刊号「短歌年鑑」を刊行;1巻1号-37巻3号 (平成2年3月) ; 37巻4号 = 481号 (平成2年4月)-;出版者変遷: 角川書店 (1巻1号-51巻5号)→ 角川学芸出版 (51巻6号-60巻11号)→ Kadokawa (60巻12号-62巻8号);頒布者変遷: 角川書店 (51巻6号-54巻2号)→ 角川グループパブリッシング (54巻3号-60巻5号)→ 角川グループホールディングス (60巻6号-60巻7号)→ Kadokawa (60巻8号-60巻11号, 62巻9号-)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 啄木私論--その思想と文学との関わり / 近藤芳美 / p26~31<839891>
  • 啄木がのこしたもの--「ローマ字日記」をめぐって / 佐古純一郎 / p32~37<839892>
  • 感情生活の報告--石川啄木・小論 / 中野菊夫 / p95~101<839897>
  • 啄木論--近代作家論のうち / 水野昌雄 / p14~25<839899>
  • ユニオン会始末記--四十五年後の除名解除 / 冷水茂太 / p80~87<839898>
  • 啄木と白秋--その運命的な交流をめぐって / 西本秋夫 / p88~94<839881>
  • 啄木の人間像の変遷--二大矛盾の統一点へ / 国崎望久太郎 / p58~63<839890>
  • 啄木短歌評釈の変遷--印象批評から実証的方法へ / 森脇一夫 / p64~69<839900>
  • 啄木詩の評価の変遷--ナショナリズムの崩壊 / 遠地輝武 / p70~79<839872>
  • 啄木の生前死後(対談) / 土岐善麿
  • 岩城之徳 / p38~57<839896>
  • 小説家・石川啄木--思想的深味のある余計者 / 阿部正路 / p102~115<839837>
  • 啄木の思想と文体--人間生長のあとをたどって / 吉田弥寿夫 / p126~140<839901>
  • 啄木研究の展開--啄木像定立への足どり / 大塚雅彦 / p116~125<839886>
  • 表記随感--啄木歌集の異同について / 司代隆三 / p158~160<839894>
  • 放浪以後の歌との出逢いと別れ--観潮桜歌会と啄木 / 和田利夫 / p150~157<839902>
  • 啄木の歌一首 頰につたふ (一握の砂) / 高橋健二 / p141~141
  • 啄木の歌一首 いたく錆びし / 安藤一郎 / p142~142
  • 啄木の歌一首 宗次郎に / 石塚友二 / p143~143
  • 啄木の歌一首 あはれかの国の / 杉森久英 / p144~144
  • 啄木の歌一首 よごれたる足袋 / 深瀬基寛 / p145~145
  • 啄木の歌一首 新しき明日の (悲しき玩具) / 荒正人 / p146~146
  • 啄木の歌一首 名は何と / 小田切秀雄 / p147~147
  • 啄木の歌一首 やや遠き / 杉浦明平 / p148~148
  • 啄木の歌一首 夕潮や (小天地) / 久保田正文 / p149~149
  • 作品14首 祝祭の後 / 前田透 / p6~7
  • 作品14首 思想の墓地 / 赤木健介 / p8~9
  • 作品14首 日常の森 / 筑波杏明 / p10~11
  • 作品14首 一九六六年の夏 / 信夫澄子 / p12~13
  • 作品42首 吉野山安居会 / 赤根谷善治 / p166~169
  • 作品42首 銀河回転の夜 / 小関茂 / p170~173
  • 作品42首 黄金の範疇 / 川田弘 / p174~177
  • 作品42首 貨物船 / 小崎碇之介 / p178~181
  • 作品42首 明暗 / 河野愛子 / p182~185
  • 作品9首 稜線まで / 山崎芳江 / p208~208
  • 作品9首 郷里時間 / 高野公彦 / p209~209
  • 作品9首 原爆忌 / 島本正斉 / p210~210
  • 作品9首 砂丘で / 藤本啓 / p211~211
  • 作品9首 知床岬 / 江田光子 / p212~212
  • 作品9首 忌日 / 小島縫子 / p213~213
  • 作品9首 混声合唱 / 小中英之 / p214~214
  • 作品9首 国分寺周辺 / 松原信孝 / p215~215
  • 井上靖氏の作品源流(5)--デモニッシュな作品・小説「考える人」詩「木乃伊」 / 生方たつゑ / p186~191<839839>
  • 書評 渡辺順三「波動」 板垣家子夫「礫底」 大野とくよ「ここに来て」 水落博「出発」 川口常孝「万葉作家の世界」 / 山田あき
  • 小谷心太郎
  • 西岡光秋
  • 金子兜太
  • 中西進 / p202~207
  • 歌集月評 / 井戸川美和子 / p198~201<839885>
  • 歌誌月評 / 礒幾造 / p192~197<839884>
  • 読者短歌 / 五島美代子
  • 村野次郎 / p216~227
  • さいろとさいりっじ / 編集部 / p161~165

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 短歌
著作者等 Kadokawa
角川学芸出版
角川文化振興財団
角川書店
書名ヨミ タンカ
書名別名 短歌年鑑

角川短歌

Tanka
巻冊次 13(10)
出版元 Kadokawa
角川文化振興財団
刊行年月 1966-10
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 13425625
NCID AN00286283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00014601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想