短歌  40(4)(520)

角川書店 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.01~;本タイトル等は最新号による;60巻12号から62巻8号までの編者: 角川学芸出版;63巻1号までは増刊号「短歌年鑑」あり;1巻1号-37巻3号 (平成2年3月) ; 37巻4号 = 481号 (平成2年4月)-;出版者変遷: 角川書店 (1巻1号-51巻5号)→ 角川学芸出版 (51巻6号-60巻11号)→ Kadokawa (60巻12号-62巻8号);頒布者変遷: 角川書店 (51巻6号-54巻2号)→ 角川グループパブリッシング (54巻3号-60巻5号)→ 角川グループホールディングス (60巻6号-60巻7号)→ Kadokawa (60巻8号-60巻11号, 62巻9号-)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 作品十四首 寒月 / 野北和義 / p18~21
  • 作品十四首 蠟燭の木 / 雨宮雅子 / p22~25
  • 作品十四首 花盗人 / 稲葉京子 / p26~29
  • 作品二十一首 谷津干潟にて / 大島史洋 / p30~33
  • 作品二十一首 雅水仙 / 松平盟子 / p34~37
  • 作品二十一首 風邪に臥す / 浜田康敬 / p38~41
  • 作品二十一首 最上級 / 栗木京子 / p42~45
  • 作品二十一首 寒気団 / 時田則雄 / p46~49
  • 作品二十一首 父 <特別作品> / 山崎正夫 / p50~53
  • 連載 カラー口絵 万葉・四月の歌 / 清原和義 / p7~7
  • 連載 四月の詩 早 / 荒川洋治 / p54~55
  • カラー口絵 茶花ごよみ 青麦とミモザ / 塩月弥栄子 / p8~9
  • 特別鼎談 『源氏物語』の歌と自然描写の魅力 / 馬場あき子
  • 安永蕗子
  • 尾崎左永子 / p64~91<3492283>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 五島美代子のこと / 五島茂 / p116~117
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 晩花燦たり / 塚本邦雄 / p118~123<3492944>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 五島美代子における「母」 / 馬場あき子 / p124~127<3492945>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 美代子の文体と詩質 / 岡井隆 / p128~130<3492946>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 美代子-そのディーモン / 河野裕子 / p131~133<3492947>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 美代子と時代 / 水野昌雄 / p134~136<3492948>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 妖艶と狂と / 藤井常世 / p137~139<3492949>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 執・愛・憎 / 沖ななも / p140~142<3492950>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 その童女性について / 安永蕗子 / p143~145<3492951>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 晩年の歌 / 武川忠一 / p146~149<3492952>
  • 大特集・「母」の歌-五島美代子 美代子の短歌観 / 篠弘 / p150~152<3492953>
  • 歌集研究 『暖流』 / 伊藤一彦 / p154~155<3492954>
  • 歌集研究 『丘の上』 / 河田育子 / p156~157
  • 歌集研究 『炎と雪』 / 富小路禎子 / p158~159
  • 歌集研究 『風』 / 春日井建 / p160~161
  • 歌集研究 『母の歌集』 / 尾崎左永子 / p164~165
  • 歌集研究 『いのちありけり』 / 佐伯裕子 / p166~167
  • 歌集研究 『時差』 / 沢口芙美 / p168~169
  • 歌集研究 『垂水』 / 北沢郁子 / p170~171
  • 歌集研究 『花激つ』 / 西村尚 / p172~173
  • 秀歌鑑賞 拾ひ残しし / 穴澤芳江 / p174~174
  • 秀歌鑑賞 子のありし日に / 今野寿美 / p175~175
  • 秀歌鑑賞 自責との苦闘 / 伊藤雅子 / p176~176
  • 秀歌鑑賞 おのづから子に / 中川佐和子 / p177~177
  • 五島美代子略年譜 / 大野とくよ / p178~181<3492956>
  • 五島美代子百首選 / 森岡貞香 / p182~187
  • 作品十四首 北斎相聞 / 青井史 / p228~229
  • 作品十四首 この虚数なる空間の青 / 井辻朱美 / p230~231
  • 作品十四首 六月 / 池田純義 / p232~233
  • 作品十四首 年初茫々 / 今村寛 / p234~235
  • 作品十四首 記憶 / 川口汐子 / p236~237
  • 作品十四首 歌碑と蜜柑 / 塩野崎宏 / p238~239
  • 作品十四首 晩冬雑歌 / 田中順二 / p240~241
  • 作品十四首 頴田島一二郎を悼む / 只野幸雄 / p242~243
  • 作品十四首 樹 / 轟太市 / p244~245
  • 作品十四首 予測 / 萩原千也 / p246~247
  • 作品十四首 きさらぎ / 槇弥生子 / p248~249
  • 作品十四首 蹌踉 / 宮本栄一郎 / p250~251
  • 一頁時評 短歌としての限界 / 真行寺四郎 / p56~56
  • 一頁時評 中央志向 / 中村淳二 / p96~96
  • 一頁時評 「大江光の音楽」を聴きながら / 村野幸紀 / p259~259
  • <歌壇時評> 定型への試行 / 田村広志 / p190~191
  • 自歌自解4月の歌 海鳴り / 上野久雄 / p92~93
  • 自歌自解4月の歌 さくら山 / 日高堯子 / p200~201
  • 歌人日記 / 武田弘之 / p58~59
  • 巻頭エッセイ オールドレディー / 林安一 / p16~16
  • 巻頭エッセイ 一月某日 / 大和類子 / p17~17
  • 結社の窓 「原型」 / 山岡栄子 / p60~61
  • <長歌> 魂鎭め--わが『鹿鳴集』 / 武川忠一 / p196~199
  • 特集 いま、短歌に何を満たすべきか 定型からの逃走 / 小笠原賢二 / p204~207<3492890>
  • 特集 いま、短歌に何を満たすべきか いま、短歌に何を充塡すべきか / 藤原龍一郎 / p208~210<3492891>
  • 特集 いま、短歌に何を満たすべきか 三つの憂い / 来嶋靖生 / p211~213<3492892>
  • 特集 いま、短歌に何を満たすべきか 蟻のあたまとこの海星と / 香川ヒサ / p214~216<3492893>
  • 特集 いま、短歌に何を満たすべきか 歌の置き場所 / 三枝昻之 / p217~219<3492894>
  • 特集 いま、短歌に何を満たすべきか 空白の器 / 水原紫苑 / p220~222<3492895>
  • 作品八首 古つ楽 / 井上千恵子 / p98~98
  • 作品八首 少女の像 / 生田和恵 / p99~99
  • 作品八首 歌集「鏡葉」 / 江連白潮 / p100~100
  • 作品八首 幻視者たちへ / 大田美和 / p101~101
  • 作品八首 綺羅 / 鎌倉千和 / p102~102
  • 作品八首 御堂筋夕景 / 木場順子 / p103~103
  • 作品八首 冬の日 / 岸本好普 / p104~104
  • 作品八首 縁者の顔して / 北尾勲 / p105~105
  • 作品八首 にんじんくらぶの月曜日 / 甲村秀雄 / p106~106
  • 作品八首 観る / 斎藤祥郎 / p107~107
  • 作品八首 茜の死枕 / 多田梅子 / p108~108
  • 作品八首 歳月 / 高橋徳衛 / p109~109
  • 作品八首 ぽんぽん / 鶴田佐智子 / p110~110
  • 作品八首 誕生月 / 疋田和男 / p111~111
  • 作品八首 甲虫 / 藤井幸子 / p112~112
  • 藤原定家<花の象46> / 中西進 / p252~258<3492393>
  • うたのある風景(43) / 大塚善子 / p188~188
  • 會津八一の歌と人(四) / 大星光史 / p224~227<3492887>
  • 現代短歌入門講座(24) / 藤井常世 / p192~193
  • 源実朝(二十) / 岡野弘彦 / p266~272<3492401>
  • 短歌名作の旅(52)『李花』と土村 / 菊池良子 / p194~194
  • 万葉集・巻二秀歌の鑑賞(2)古歌逍遥 / 津之地直一 / p262~263
  • 書評 朝井恭子歌集『風韻』 / 石本隆一 / p280~280
  • 書評 安嶋彌歌集『晩花』 / 岡野弘彦 / p281~281
  • 書評 安永蕗子歌集『青湖』 / 春日真木子 / p282~282
  • 書評 稲葉京子歌集『沙羅の宿から』 / 川合千鶴子 / p283~283
  • 書評 山中智恵子歌集『夢之記』 / 三枝昂之 / p284~284
  • 書評 大和克子歌集『林檎樹或問』 / 斎藤すみ子 / p285~285
  • 書評 沖ななも歌集『ふたりごころ』 / 田島邦彦 / p286~286
  • 書評 石黒清介歌集『恋ヶ窪』 / 大悟法進 / p287~287
  • 書評 坂井修一歌集『群青層』 / 谷岡亜紀 / p288~288
  • 書評 三井ゆき歌集『曙橋まで』 / 永田和宏 / p289~289
  • 書評 篠弘歌集『濃密な都市』 / 成瀬有 / p290~290
  • 書評 岡部文夫歌集『氷見』 / 御供平佶 / p291~291
  • 歌集歌書展望 / 中西洋子 / p302~308<3492900>
  • 現代歌誌月評 / 高橋則子 / p310~316<3492903>
  • 現代短歌月評 / 高瀬一誌 / p292~300<3492913>
  • 公募短歌館 / 細川謙三
  • 長沢美津 / p318~333
  • 『短歌』クラブ誌上添削教室 はぶく・足すととのえる / 浜田蝶二郎 / p274~279
  • 近代・現代秀歌鑑賞 吉井勇の歌 / 吉田正信 / p260~261
  • 古典秀歌鑑賞 風の訪ない / 井口樹生 / p94~95
  • 口絵 新・歌人アルバム 上野勇一 / 八木実枝子 / p11~12
  • 歌壇ニュース / / p264~265
  • 読者のお便り / 河野和江 / p62~62
  • 公募短歌館募集要項 / / p317~317

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 短歌
著作者等 Kadokawa
角川学芸出版
角川文化振興財団
角川書店
書名ヨミ タンカ
書名別名 短歌年鑑

角川短歌
巻冊次 40(4)(520)
出版元 Kadokawa
角川文化振興財団
刊行年月 1993-04
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 13425625
NCID AN00286283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00014601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想