縄文人は飲んべえだった

岩田一平 著

バイオ、CGなど最新技術が古代史研究を塗り変えた。ユニークで斬新な「ハイテク考古学」の視点から、言語学、環境考古学の研究動向をふまえ、日本人のルーツ、縄文人の食生活、など数々の謎に迫る。話題の三内丸山遺跡についてもふれた"古代史マジカル・ミステリー・ツアー"へようこそ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人のルーツを探る
  • 第2部 豊葦原瑞穂国と邪馬台国
  • 第3部 ニッポン「国」誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文人は飲んべえだった
著作者等 岩田 一平
書名ヨミ ジョウモンジン ワ ノンベエ ダッタ
書名別名 Jomonjin wa nonbee datta
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.5
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 402261076X
NCID BN12772458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95058028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想