学校臨床社会学 : 教育問題の解明と解決のために

今津孝次郎 著

家庭や地域の現実を背負って子どもたちが通う学校が抱えるさまざまな教育問題-その解明と解決に向けて、実践者と研究者が協働して取り組むための視点・概念・方法を平易に解説。研究事例も詳しく紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 学校の多様性と組織文化(学校訪問-与えられる機会と依頼する機会
  • 校長のタイプ-学校経営リーダーの素顔 ほか)
  • 2 学校教育問題の臨床社会学(教育荒廃と教育改革-社会問題化した学校教育問題
  • 校内暴力と学校組織学習-学校組織文化の改革へ ほか)
  • 3 学校臨床社会学の性格と研究目的(インターベンションと「介入参画」法-臨床的研究の実践的手法
  • 学校臨床社会学の臨床レベル-問題の解明から問題解決へ ほか)
  • 4 学校臨床社会学の方法(研究手順の五段階-「介入参画」の過程
  • 教育言説の視点-ことばの自明性を問い直す ほか)
  • 5 学校臨床社会学の実際(外国人小学生の学力保障に向けて
  • 中学校のいじめ防止 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校臨床社会学 : 教育問題の解明と解決のために
著作者等 今津 孝次郎
書名ヨミ ガッコウ リンショウ シャカイガク : キョウイク モンダイ ノ カイメイ ト カイケツ ノ タメニ
シリーズ名 ワードマップ
出版元 新曜社
刊行年月 2012.4
ページ数 234, 15p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7885-1280-1
NCID BB08811620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22071027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想