仮想的有能感の心理学 : 他人を見下す若者を検証する

速水敏彦 編著

[目次]

  • 1章 仮想的有能感とは何か(「仮想的有能感」概念の誕生
  • 仮想的有能感を測る ほか)
  • 2章 仮想的有能感をもつ人の個人的特徴(仮想的有能感と他のパーソナリティ変数との関連
  • 感情経験 ほか)
  • 3章 仮想的有能感形成の背景要因(発達との関連
  • 親への愛着および親の養育態度の影響 ほか)
  • 4章 仮想的有能感と問題行動(いじめ
  • おもに共感性との関連からみた非行少年の仮想的有能感 ほか)
  • 5章 ほんとうの有能感を求めて(仮想的有能感の現状と評価
  • ほんとうの有能感に近づくために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮想的有能感の心理学 : 他人を見下す若者を検証する
著作者等 速水 敏彦
書名ヨミ カソウテキ ユウノウカン ノ シンリガク : タニン オ ミクダス ワカモノ オ ケンショウスル
出版元 北大路書房
刊行年月 2012.2
ページ数 233p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7628-2773-0
NCID BB08407793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22056488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想