乳幼児精神医学入門

本城秀次 著

乳幼児のこころはどのような体験をし、母親や現実世界といかにして関係を築いていくのか。わが国の児童精神医学を牽引してきた精神科医による最良の入門書。本書はフロイト、マーラー、ボウルビィらの発達心理学における貢献から、彼らの発達理論から乳幼児の診断と治療、母子関係論など、緻密な文献研究を礎にした乳幼児精神医学の最新知見を凝集。さらに虐待事例など著者自身による臨床例を加え、今日の乳幼児精神医学の役割と可能性、そして学問の全体像を多面的に見渡す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 乳幼児精神医学の歴史と現状
  • 第2章 乳幼児期のいくつかの発達理論
  • 第3章 乳幼児の発達と母子関係
  • 第4章 精神発達と環境
  • 第5章 乳幼児の診断
  • 第6章 乳幼児の治療
  • 第7章 母子支援
  • 第8章 虐待について
  • 第9章 「親と子どもの心療科」にいたるまで-乳幼児期からの家族支援の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳幼児精神医学入門
著作者等 本城 秀次
書名ヨミ ニュウヨウジ セイシン イガク ニュウモン
書名別名 Nyuyoji seishin igaku nyumon
出版元 みすず書房
刊行年月 2011.9
ページ数 194, 16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07643-8
NCID BB06729245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21979142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想