周産期のこころのケア : 親と子の出会いとメンタルヘルス

永田雅子 著

本書は、周産期心理臨床に長年携わってきた臨床心理士によって書かれた、入門の1冊です。周囲に望まれなかった妊娠、夫婦の不仲、不妊、死産、早産、リスクを抱えて生まれてくる子どもたち…。親と子が出会い、関係を築いていくプロセスには、それぞれ固有の物語が存在しています。NICUや周産期医療における「こころのケア」では、これまで親子がたどってきた道のりに思いをはせながら、目の前の親子を抱える「器」として機能していくことが一番重要なことだと著者は言います。同分野にかかわる心理スタッフだけではなく、助産師、看護師、小児科医、産科医など必読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 周産期における親と子の出会いとメンタルヘルス(親と子が出会うということ
  • 妊娠・出産のメンタルヘルス)
  • 第2章 現代の医療と妊娠・出産(妊娠から出産までの心理的課題
  • リスクを抱えて生まれてきた赤ちゃんと家族 ほか)
  • 第3章 NICU入院となった赤ちゃんの母親の精神的健康と子どもへの感情(満期産で元気に生まれてきた赤ちゃんの母親との比較
  • 出産後の抑うつと母親愛着が1年後に与える影響 ほか)
  • 第4章 周産期医療における親子の関係性への支援(NICUにおける関係性支援の試み
  • 周産期の心理的ケア ほか)
  • 第5章 周産期医療における心理臨床(周産期における心理的ケアの特殊性
  • 目の前に赤ちゃんが"いる"ことの意味 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周産期のこころのケア : 親と子の出会いとメンタルヘルス
著作者等 永田 雅子
書名ヨミ シュウサンキ ノ ココロ ノ ケア : オヤ ト コ ノ デアイ ト メンタル ヘルス
出版元 遠見書房
刊行年月 2011.1
ページ数 157p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904536-19-3
NCID BB04680291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21880863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想