リーディングス日本の高等教育  5

橋本鉱市, 阿曽沼明裕 企画編集

[目次]

  • 総説 学術研究システムの変容を捉える
  • 第1部 大学教授職(エピローグ
  • 大学型知識の終焉 ほか)
  • 第2部 学界・専門分野(科学における報賞の分布と配分-日本の化学を例にして
  • 専門分野の形成とパラダイム ほか)
  • 第3部 研究体制と政策(学術行政機構の構造転換
  • 「教官当積算校費」と「科研費」-戦後学術政策への一視角 ほか)
  • 第4部 大学院(科学技術の新段階と大学院教育
  • 大学院教育への需要 ほか)
  • 第5部 学術と社会(経済成長と科学
  • 日本のイノベーション・システムにおける大学の役割-産学間の知識のフロー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーディングス日本の高等教育
著作者等 橋本 鉱市
阿曽沼 明裕
書名ヨミ リーディングス ニホン ノ コウトウ キョウイク
書名別名 大学と学問 : 知の共同体の変貌

Tamagawa University Press higher education reader series

Ridingusu nihon no koto kyoiku
巻冊次 5
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2010.10
ページ数 389p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-472-40414-6
NCID BB0338484X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21822021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「教官当積算校費」と「科研費」 金子元久, 阿曽沼 明裕
エピローグ 新堀通也
大学と学問 : 知の共同体の変貌 阿曽沼 明裕
大学の研究機能 小林信一
大学の科学研究 宮原 将平
大学型知識の終焉 竹内洋
大学教授職
大学院
大学院教育への需要 浦田広朗
学界・専門分野
学術と社会
学術研究システムの変容を捉える 阿曽沼 明裕
学術行政機構の構造転換 中山茂
専門分野の形成とパラダイム 塚原修一
日本のイノベーション・システムにおける大学の役割 後藤晃, 永田晃也
日本の大学教員の特質 有本章
日本の大学院問題 天野郁夫
日本の産学連携 宮田由紀夫
流動化する大学教授市場 藤村正司
研究体制と政策
研究室と学問研究 山崎博敏
科学における報賞の分布と配分 山崎博敏
科学技術の新段階と大学院教育 荒井克弘
科学技術情報流通の仕組 倉田敬子
科学研究における研究グループの生産性と質的評価 今井良行, 牧野淳一郎, 藤垣裕子
科学者の社会的責任と科学コミュニケーション 藤垣裕子
経済成長と科学 広重徹
総説
若手研究者の養成 小林信一
融化する若手大学教授市場 加藤毅
解説変化する社会とのかかわり 阿曽沼 明裕
解説学術研究の組織的・財政的基盤 阿曽沼 明裕
解説知のネットワークの構造と機能 阿曽沼 明裕
解説知の創造と伝達の担い手の変容 阿曽沼 明裕
解説研究者養成と専門職養成との葛藤 阿曽沼 明裕
近未来の学術情報 名和小太郎
非常勤教員という存在 喜多村和之
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想