法の流通 : 法制史学会60周年記念若手論文集

鈴木秀光, 高谷知佳, 林真貴子, 屋敷二郎 編著

「法」とは何か-選択・形成・循環のダイナミズムからとらえる法制史学の未来への挑戦。法制史学会六十周年記念若手論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 法の流通
  • 1 収斂する法-秩序形成の諸相(享保期の養子法の改革と仮養子制度
  • 明治初期における監獄制度の一転機-既決囚の発見 ほか)
  • 2 拡散する法-社会のダイナミズム(初期中世日本の「裁許状」の機能について-「権門裁判」を中心にして
  • 湯起請をめぐる室町人の意識 ほか)
  • 3 越境する法-法のダイナミズム(井上毅の参事院構想-コンセイユ・デタの日本的変容
  • 中華民国民法親属継承編起草作業と慣習調査-Escarra報告書を手がかりに ほか)
  • 4 対流する法-概念と実践知(オットー・ギールケとフーゴ・プロイス-主権概念をめぐる対立とその位相
  • 英国における独立契約者(Independent Contractor)概念形成前史-民法七一六条立法の起源をたどって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法の流通 : 法制史学会60周年記念若手論文集
著作者等 屋敷 二郎
林 真貴子
鈴木 秀光
高谷 知佳
書名ヨミ ホウ ノ リュウツウ : ホウセイシ ガッカイ 60シュウネン キネン ワカテ ロンブンシュウ
書名別名 Ho no ryutsu
出版元 大学図書
慈学社出版
刊行年月 2009.12
ページ数 922p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-903425-53-5
NCID BB00478277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21782046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Poena extraordinariaと自由心証主義 藤本幸二
「中華民国」における訴訟知識の伝播 加藤雄三
「条理」の法思想史 小沢奈々
「獄成」の現場 鈴木 秀光
『延暦儀式帳』撰進と弘仁大神宮式編纂の政治的背景 久禮旦雄
アルトゥール・ヌスバウムの法事実研究 屋敷二郎
オットー・ギールケとフーゴ・プロイス 遠藤泰弘
ドイツ王権による修道院保護とシトー会総会 大貫俊夫
ドイツ絶対主義領邦における村役人 池田利昭
ビザンツ帝国を救うべき新法 橋川裕之
中世南フランス都市トゥールーズにおける公証人と法実践 図師宣忠
中華民国民法親属継承編起草作業と慣習調査 西英昭
井上毅の参事院構想 天野嘉子
享保期の養子法の改革と仮養子制度 稲垣知子
初期中世日本の「裁許状」の機能について 佐藤雄基
占領管理体制の法的特質 出口雄一
収斂する法-秩序形成の諸相 総説 鈴木 秀光
司法政策と社会調査 久保秀雄
対流する法-概念と実践知 総説 屋敷二郎
帝国日本の行政救済法制 小野博司
年紀法の再検討 松園潤一朗
拡散する法-社会のダイナミズム 総説 高谷 知佳
日本における法専門職の確立 林真貴子
明治一四年「改正監獄則」下における監獄行政の展開と明治二二年「監獄則」制定への準備 姫嶋瑞穂
明治初期における監獄制度の一転機 児玉圭司
明治前期における「自然後見」概念と「家」原理 宇野文重
江戸幕府裁判制度に関する一考察 安高啓明
清代秋審条款考
湯起請をめぐる室町人の意識 清水克行
秦・漢における亭の治安維持機能 水間大輔
英国における独立契約者(independent contractor)概念形成前史 高友希子
越境する法-法のダイナミズム 総説 林真貴子
都市法の内と外 高谷 知佳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想