「十九の春」を探して : うたに刻まれたもう一つの戦後史

川井龍介 著

私があなたに惚れたのはちょうど十九の春でした-。沖縄戦の鎮魂歌となり、バタヤンこと田端義夫が歌って大ヒットし、米兵に抱かれた娼婦たちが口ずさんだあのメロディーに秘められた願いとは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 失われた過去への哀愁
  • 1章 「嘉義丸のうた」と戦時遭難船(盲目の鍼灸師と鎮魂歌
  • 太平洋戦争と魚雷攻撃
  • 六二年後の感謝 ほか)
  • 2章 うたに支えられて生きる(「十九の春」のルーツ
  • 唖蝉坊とラッパ節
  • 「与論小唄」をたずねて ほか)
  • 3章 八重山の悲恋歌とコザのジュリグァー小唄(悲恋歌・失恋歌
  • 白保のヒバリ
  • 「台湾下がり」と密貿易 ほか)
  • エピローグ 旅の終わりは船だった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「十九の春」を探して : うたに刻まれたもう一つの戦後史
著作者等 川井 竜介
書名ヨミ ジュウク ノ ハル オ サガシテ : ウタ ニ キザマレタ モウ ヒトツ ノ センゴシ
書名別名 Juku no haru o sagashite
出版元 講談社
刊行年月 2007.4
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-213986-1
NCID BA82000629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21233006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想