122対0の青春 : 深浦高校野球部物語

川井龍介 著

へっぽこという言葉では甘すぎる?1998年夏。「歴史的」スコアで大敗し、全国に知られた青森県立深浦高校野球部の球児たち。生徒数減で高校自体が存亡の危機に立つなか、野球部員たちは死力を尽くして戦った!涙あり、笑いありのドラマを描いた話題作が、球児たちの「その後」を加筆し待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「先生たち、クビになるのか」(一九九八年夏、青森
  • スローカーブは"赤い虎" ほか)
  • 第2章 あってはならない試合なのか(「122対0 野球です!」
  • わがチームだったらどうする? ほか)
  • 第3章 ロボコップとへっぽこ球児たち(観光バスが立ち寄る新名所
  • 深高野球の黄金時代 ほか)
  • 第4章 「挑戦」の季節がまたやって来る(二〇〇〇年夏、弘前
  • 「一流になった!」 ほか)
  • 終章 二〇〇二年春から-学校と彼らはその後…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 122対0の青春 : 深浦高校野球部物語
著作者等 川井 竜介
書名ヨミ 122 タイ 0 ノ セイシュン : フカウラ コウコウ ヤキュウブ モノガタリ
書名別名 0対122けっぱれ!深浦高校野球部
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.5
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 4062747677
NCID BA67330752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想