内部告発「ホイッスルブロウワァー」の法的設計 : 社会浄化のための内部告発者保護と褒賞金制度の設計

阿部泰隆 著

国民生活審議会が消費者行政の観点から取りあげた「内部告発制度」は、社会の浄化に寄与し、また、社会に警鐘をならす積極的な意味をもつものである。筆者は「内部告発制度」をすべての領域に一般法として導入すべきであると考え、本書において、国家の制度として、内部告発者の保護と褒賞金制度の設計を提案する。実効性ある法制度の確立にむけ阿部説全面展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本提案の要点
  • 公益通報者の保護及び褒賞金の支給に関する法律(阿部泰隆試案)(はじめに-提案の趣旨
  • 通報は不正行為抑止の効果的手段
  • 告発者の保護を徹底せよ
  • 通報褒賞金の法制度設計
  • 濫用の防止
  • 法的整備の方向)
  • 補足 国民生活審議会の動き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内部告発「ホイッスルブロウワァー」の法的設計 : 社会浄化のための内部告発者保護と褒賞金制度の設計
著作者等 阿部 泰隆
書名ヨミ ナイブ コクハツ ホイッスルブロウワァー ノ ホウテキ セッケイ : シャカイ ジョウカ ノ タメノ ナイブ コクハツシャ ホゴ ト ホウショウキン セイド ノ セッケイ
書名別名 Naibu kokuhatsu hoissuruburowa no hoteki sekkei
シリーズ名 政策法学ライブラリイ 8
出版元 信山社
刊行年月 2003.5
ページ数 107p
大きさ 21cm
ISBN 4797252871
NCID BA62376596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20560166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想