新しい公共と自治体 : 自治体はなぜNPOとパートナーシップを組まなければいけないのか

松下啓一 著

現代の政策づくりにはNPOとの協働が不可欠です。条例をつくり、予算をつけただけでは、社会が変わり、人が実際に幸せになるような政策ができあがるわけではありません。役所の力だけでなく、市民全体を巻き込んだ自治の総合力が問われています。このパートナーシップを進めるためにどうすべきか。多くの示唆を本書は与えてくれます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ今、パートナーシップなのか(飲む水の選択
  • 「公共=国家」のトラウマ ほか)
  • 第2章 NPOとは何か(公共の変容
  • 否定形表現 ほか)
  • 第3章 自治体はなぜNPOとパートナーシップを組まなければならないのか(パートナーシップとは何か
  • パートナーシップ論の系譜 ほか)
  • 第4章 自治体とNPOのパートナーシップを進めるために(二つのアプローチ・四つの視点
  • 意識の変革 ほか)
  • おわりに-NPOとのパートナーシップで何が変わるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい公共と自治体 : 自治体はなぜNPOとパートナーシップを組まなければいけないのか
著作者等 松下 啓一
書名ヨミ アタラシイ コウキョウ ト ジチタイ : ジチタイ ワ ナゼ NPO ト パートナーシップ オ クマナケレバ イケナイノカ
書名別名 Atarashii kokyo to jichitai
シリーズ名 政策法学ライブラリイ 6
出版元 信山社
刊行年月 2002.12
ページ数 103p
大きさ 21cm
ISBN 4797252855
NCID BA60294151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20470062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想