取るに足らぬ中国噺

白石和良 著

例えば「さやか」。女の子の名に「也」を使う向きも多い。でも、「也」の本来の意味をご存じだろうか。或いは「七転八起」は、「七転七起」でないと動作として不自然ではないのか。新聞などはしばしば長江が「洪水」を起こしたと報じるが、そんなに「洪水」に見舞われて中国農業は立ち行くのか-。日頃、何気なく使っている漢字、熟語は、よくよく考えてみると不思議。辞書、事典、ありとあらゆる本の山に分け入って、日本語と中国語の"謎"に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 少しやわらかい話「風流話」(「其内」と「其外」
  • 「花」と「花心」
  • 「也」の正体 ほか)
  • 第2章 少し真面目な話「正経話」(「蛇頭」考
  • 中国人の姓の日本読み
  • 「中国人の姓」異聞 ほか)
  • 第3章 どうでもいい話「多余話」(「風馬牛」とは何か
  • 「黒五類」と健康
  • 「緑低黄高」と「緑高黄低」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 取るに足らぬ中国噺
著作者等 白石 和良
書名ヨミ トル ニ タラヌ チュウゴクバナシ
書名別名 Toru ni taranu chugokubanashi
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.3
ページ数 285p
大きさ 18cm
ISBN 4166602349
NCID BA5612034X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20254363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想