やわらか頭の法政策 : 既存の発想を乗り超えて新しい法制度を設計しよう

阿部泰隆 著

「阿部説は10年かかりましたが実現しているのです。私は多少時期尚早であるのかも知れませんが、時代の先を読んで先導しているつもりなのです。」政策法学-阿部泰隆の名講演。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 規制改革で行政法は要らない?
  • 経済的発想で法制度の組み替えを
  • 二手先を読め
  • 権利の過度の尊重を排せ
  • 金のかからない法システム
  • バラマキ福祉からの撤退策-福祉は困った順に
  • 無駄をなくす
  • 性善説で立法するな
  • 福祉の財源と人の確保策
  • ソフトランディング
  • 妥当なところは中間にある
  • 泥棒に刑法を作らせるな
  • 役人の法執行は当てにならない
  • 終わりに、発想の転換を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やわらか頭の法政策 : 既存の発想を乗り超えて新しい法制度を設計しよう
著作者等 阿部 泰隆
書名ヨミ ヤワラカ アタマ ノ ホウセイサク : キソン ノ ハッソウ オ ノリコエテ アタラシイ ホウセイド オ セッケイシヨウ
書名別名 Yawaraka atama no hoseisaku
シリーズ名 政策法学ライブラリイ 1
出版元 信山社
刊行年月 2001.6
ページ数 65p
大きさ 21cm
ISBN 4797252804
NCID BA53583669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20271735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想