珍説・奇説の邪馬台国

岩田一平 著

あいつぐ新発見でいまや大和説が本命視される邪馬台国論争。だが本当にそうなのか?それでいいのか?70にもおよぶ候補地のなかで、とりわけユニークな説を実地検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 邪馬台国論争早わかり(そもそも邪馬台国とはなにか
  • なぜ邪馬台国が問題になるのか
  • 邪馬台国が登場する『魏志倭人伝』とはなにか
  • なぜ邪馬台国の所在地論争であちこち候補地があがるのか ほか)
  • 第2部 おどろき邪馬台国紀行(南海の邪馬台国(ジャワ島説)
  • 「その性、酒を好む」ヤマエツ国は新潟にあった(新潟説)
  • 「国のまほろば」は邪馬台国だったのか(大和・纒向説)
  • 古代金属器文化の中心地、出雲の邪馬台国(山陰説) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 珍説・奇説の邪馬台国
著作者等 岩田 一平
書名ヨミ チンセツ キセツ ノ ヤマタイコク
書名別名 Chinsetsu kisetsu no yamataikoku
シリーズ名 黄金の濡れ落葉講座
The new fifties
出版元 講談社
刊行年月 2000.4
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4062683164
NCID BA47258958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20057269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想