遺跡を楽しもう

岩田一平 著

日本人はどこから来たのか?稲作の起源は?DNA分析、科学的年代測定法など、ハイテクを駆使した発掘・研究が日本古代の謎を次々と明らかにしつつある。大ブームの縄文を中心に、旧石器時代のたき火跡から弥生のクニの都まで、著者みずから歩いた経験をもとに、全国の遺跡を案内しながら語る最新考古学探検。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 氷河期を生き抜いた日本列島人
  • 2 頭蓋骨から日本人のルーツを探ろう
  • 3 マイホーム誕生-6300年前、突然消えた「南の縄文文化」
  • 4 クソ石から縄文人の食事を探る
  • 5 日本列島を北へ南へ、中国までも?-交易する縄文人
  • 6 縄文「神殿」を復元する
  • 7 コメ作りの起源を探る
  • 8 弥生人、出生の秘密
  • 9 戦いの神さま、コメ作りの神さま
  • 10 銅鏡に日本の文字のルーツがあった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺跡を楽しもう
著作者等 岩田 一平
書名ヨミ イセキ オ タノシモウ
書名別名 Iseki o tanoshimo
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.7
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4005003265
NCID BA42252852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99117620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想