ジャン・パウルの生涯

ギュンター・デ・ブロイン 著 ; 恒吉法海 訳

ジャン・パウルとその時代(一七六三〜一八二五)。トーマス・マン賞、ハインリヒ・ベル賞の作家が描く「面白く読め、為になり、信頼がおける」ジャン・パウルの伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春分の日
  • 間欠泉「飢餓の泉」
  • 子供時代の甘き香り
  • 精神的サハラ砂漠
  • 博学な子供
  • 哲学と愛
  • ジークヴァルトの悩み
  • 曲馬と断食節の幕
  • 手段
  • 険しい山〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャン・パウルの生涯
著作者等 De Bruyn, Günter
恒吉 法海
de Bruyn G¨unter
デ・ブロイン ギュンター
書名ヨミ ジャン パウル ノ ショウガイ
書名別名 Das Leben des Jean Paul Friedrich Richter

Jan pauru no shogai
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1998.4
ページ数 387p
大きさ 19cm
ISBN 487378543X
NCID BA35844771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想