かりの翅 : 武智鉄二劇評集

武智鉄二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 太宰施門 / 1
  • 武智氏劇評集の發刊に際して 高安吸江 / 6
  • 上梓の辭 著者 / 8
  • 歌舞伎
  • 扇雀の盛綱 / 3
  • 顏見世劇評 / 7
  • 我當扇雀の忠臣藏 / 11
  • 千本と勸進帳 / 19
  • 菊拔團菊祭 / 37
  • 丁寧な忠臣藏 / 41
  • 簑助の勸進帳 / 65
  • 大阪の菊吉合同劇 / 71
  • 菊吉の寺小屋 / 76
  • 大阪の春秋座 / 116
  • 京都の中村會 / 131
  • 累・西山物語 / 138
  • 壽三郞の御所三 / 168
  • 野外劇場の菊五郞 / 190
  • 八百藏の俊寬 / 193
  • 若年寄歌舞伎 / 219
  • 小鍛冶を葬る / 230
  • 京の顏見世 / 239
  • 師走の東京三座 / 244
  • お三輪重の井など / 252
  • 曲輪〓其他 / 266
  • 忠六論 / 273
  • 前進座評 / 278
  • 前進座の勸進帳 / 280
  • 中座十五年十月の前進座 / 292
  • 新劇
  • 「ふるさと」紀行 / 297
  • 「沼津兵學校」其他 / 299
  • 神聖家族槪評 / 311
  • 「氷解期前」評 / 317
  • 瀧澤の松島 / 323
  • 海援隊蛇足 / 330
  • 「若き啄木」など / 333
  • 愚劇「大日向村」 / 342
  • 寶塚
  • 萬代峯子論
  • 一 萬代峯子 / 351
  • 二 又萬代峯子 / 360
  • 三 萬代峯子の久子 / 369
  • 四 白井鐵造と萬代峯子 / 375
  • 五 萬代峯子檢討 / 379
  • 六 「私の意見」への異見 / 396
  • 七 萬代の四季 / 400
  • 東京へ行つて芝居を觀なかつた話 / 408
  • エノケン短評 / 417
  • 綠波一座を觀て / 419
  • 人形淨瑠璃
  • 榮三初役の孫右衞門 / 425
  • 文樂の寺小屋 / 430
  • 榮三の十郞兵衞 / 437
  • 古靱の堀川 / 440
  • 古靱の須磨浦 / 459
  • 「織太夫の忠九」批判 / 475
  • 津太夫の河庄 / 495
  • 津太夫論等 / 508
  • 駒太夫の封印切 / 534
  • 仙糸禮讃 / 552
  • 「浪花女」を觀て / 560
  • 評論
  • かつぽれ / 575
  • 菊五郞の責務 / 579
  • 我國劇團の現狀 / 581
  • 藝能祭への道は / 589
  • 新劇と觀客と / 593
  • 寶塚シヨウの道 / 596
  • 八百藏の文樂開放案 / 598
  • 文樂十月興行の番附を見て / 603
  • O氏への應答 / 608
  • 編者の言葉 鴻池幸武 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 かりの翅 : 武智鉄二劇評集
著作者等 武智 鉄二
書名ヨミ カリ ノ ハネ : タケチ テツジ ゲキヒョウシュウ
出版元 千歳書房
刊行年月 昭和16
ページ数 615p
大きさ 19cm
NCID BA33286081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46040227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想