岩波講座日本文学史  第10巻 (19世紀の文学)

久保田淳 ほか編

[目次]

  • 漢詩の隆盛
  • 和歌の革新と伝統
  • 京伝と馬琴
  • 爛熟期の歌舞伎
  • 戯作の大衆化
  • 漢文戯作
  • 挿絵から見た近世小説史
  • 中国小説と近世小説
  • 書肆・貸本屋の役割
  • 地方の文学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 漢詩の隆盛
  • 和歌の革新と伝統
  • 京伝と馬琴
  • 爛熟期の歌舞伎
  • 戯作の大衆化
  • 漢文戯作
  • 挿絵から見た近世小説史
  • 中国小説と近世小説
  • 書肆・貸本屋の役割
  • 地方の文学〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座日本文学史
著作者等 揖斐 高
久保田 淳
日野 龍夫
栗坪 良樹
藤井 貞和
野山 嘉正
久保田淳ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ニホン ブンガクシ
書名別名 19世紀の文学
巻冊次 第10巻 (19世紀の文学)
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.4
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4000106805
NCID BN14123773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96062092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想