安曇の古代 : 仁科濫觴記考

仁科宗一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 自序
  • 仁科濫觴記の輪郭とその梗概 / 9
  • 第一編仁品親王記 / 17
  • 第一章 治水 / 17
  • 第二章 仁品王と従臣 / 32
  • 第三章 政庁、居館 / 50
  • 第四章 宮本神明宮の祭祀 / 58
  • 第五章 信濃地名の事 / 63
  • 第六章 野分射馬并ニ地名之事 / 64
  • 第七章 胡馬狩 / 81
  • 第八章 仁品王北部巡幸開発の記 / 93
  • 第九章 神明宮の建替と松川の記 / 107
  • 第十章 仁品王の薨逝と廟廊之号 / 112
  • 并ニ若宮一王子の死 / 112
  • 第十一章 郡名の発祥 / 130
  • 第二編 二ノ宮の記 / 133
  • 第一章 妹耶姫の薨逝 / 133
  • 第二章 祖霊の祭祀 / 134
  • 第三章 川会神社 / 147
  • 第四章 用具の考察 / 151
  • 第五章 お田植神事 / 154
  • 第三編 皇極ノ太子記 / 159
  • 第一章 時代と太子 / 159
  • 第二章 保高神社の創立 / 160
  • 第三章 王町における皇極ノ太子 / 164
  • 第四章 神明宮東移説 / 172
  • 第五章 社家人之事 / 179
  • 第六章 孝徳天皇崩御と太子の帰還 / 182
  • 第七章 安曇、大町、仁科の発祥 / 191
  • 第八章 皇極ノ太子考 / 197
  • 第四編 高明親王記 / 203
  • 第一章 高明親王 / 203
  • 第二章 高瀬川東部の古代と前科郷 / 206
  • 第三章 学問仏教の招来 / 214
  • 第四章 川会神社建替と社領寄附の事 / 218
  • 第五章 三日市場神明宮の事 / 224
  • 第六章 高根伊勢薨逝葬法の事 / 231
  • 第七章 高明親王〓漁之事 / 235
  • 第八章 森城の構築 / 244
  • 第九章 高明親王薨逝 / 253
  • 第五編 美濃守の記 / 257
  • 第一章 鼠賊の出没 / 257
  • 第二章 八面大王の伝承と坂上田村麿 / 261
  • 第三章 八鬼の賊退治手分之事 / 266
  • 第四章 八鬼の賊降服祈禱の事 / 270
  • 第五章 八鬼の賊討伐 / 273
  • 第六章 八面鬼士并ニ鼠賊等〓罸之事 / 277
  • 第六編 その他の記 / 285
  • 第一章 雨乞に付木船地名の事 / 285
  • 第二章 吉利久保宮、置千坐原、楠川、待ツ沢之事等 / 292
  • 大綱峠濫觴の事、非命川之事 / 298
  • 仁科濫觴記写本原文 / 302

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 安曇の古代 : 仁科濫觴記考
著作者等 仁科 宗一郎
書名ヨミ アズミ ノ コダイ
書名別名 Azumi no kodai
出版元 柳沢書苑
刊行年月 1972
ページ数 318p 図
大きさ 22cm
NCID BN1323303X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73008833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想