千年王国を夢みた革命 : 17世紀英米のピューリタン

岩井淳 著

「ヨハネの黙示録」に記された「千年の間」とはなにか。「キリストの再臨」はあるのか。原始キリスト教の教義が、千六百年の時を経て新旧イングランドによみがえり、ピューリタン革命を推し進める有力な思想となった。「千年王国論」がはたした役割と意義を鮮明に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 千年王国を夢みた人びと-ピューリタン革命
  • 第1章 千年王国論の水脈-古代から一七世紀へ
  • 第2章 大西洋を渡ったピューリタン-ヒトと情報の交流史
  • 第3章 ニューイングランドの千年王国論-J・コトンとピューリタン革命
  • 第4章 ピューリタン革命期の千年王国論-T・グッドウィンとW・ブリッジ
  • 第5章 ニューイングランド帰りの千年王国論-W・アスピンウォルとT・ヴェナー
  • 終章 千年王国論の行方-王政復古から一八世紀へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 千年王国を夢みた革命 : 17世紀英米のピューリタン
著作者等 岩井 淳
書名ヨミ センネン オウコク オ ユメミタ カクメイ
書名別名 Sennen okoku o yumemita kakumei
シリーズ名 講談社選書メチエ 51
出版元 講談社
刊行年月 1995.6
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062580519
NCID BN12688395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想