イタリアをめぐる旅想

河島英昭 著

イタリアを巡り歩くうちに、幾層にも時間を遡るもう一つの旅が始まる。-(パヴェーゼのトリーノ、ジョイスのトリエステ、D.H.ロレンスのサルデーニャ島。)人間の生と死、文明の過去と現在について想いをめぐらす、伊文学者の<自分への手紙>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 落書の都 ローマ
  • 霧の拱廊 トリーノ
  • 死んだ港 トリエステ
  • 子供の楽園 ペッシャ、コッローディ、フィレンツェ
  • 美神の海 レ・チンクェ・テッレ
  • 詩人の塔 モンテロッソ
  • 文明と歴史の孤島 サルデーニャ
  • 氷河と蝶 クールマイユール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリアをめぐる旅想
著作者等 河島 英昭
書名ヨミ イタリア オ メグル リョソウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1994.6
ページ数 302p
大きさ 16cm
ISBN 4582760600
NCID BN10877058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94066921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想