人間論

アラン 著 ; 鈴木清 訳

人間は「獣と神の中間者」だという、アランは、こうした二重性を含む人間の問題を、比類なく醒めた態度で具体的に考究し、観念論とは無縁の豊かな人間論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 驚くべき私たちの幼時
  • 頭蓋と手
  • プラトンの共和国
  • プラトンの袋
  • 眠りの法則
  • 眼ること
  • 動物崇拝
  • 習慣と衣服
  • 人間の権利
  • 家庭
  • 女性の思考〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間論
著作者等 Alain
原 亨吉
鈴木 清
アラン
書名ヨミ ニンゲンロン
書名別名 Ningenron
出版元 白水社
刊行年月 1951
版表示 〔新装版〕
ページ数 384p
大きさ 19cm
ISBN 4560018685
NCID BN01525774
BN03311545
BN03433575
BN10843533
BN12438605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51005503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想