古武術の発見 : 日本人にとって「身体」とは何か

養老孟司, 甲野善紀 対談

[目次]

  • プロローグ 古伝の"神技"を再現する
  • 1章 無身-「剣は体も有用なり」
  • 2章 道-刀という物差し
  • 3章 和魂-見せない脳の中身
  • 4章 術-身体感覚を組み直す
  • 5章 修行-オートとマニュアル
  • エピローグ 身体という「自然」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古武術の発見 : 日本人にとって「身体」とは何か
著作者等 甲野 善紀
養老 孟司
書名ヨミ コブジュツ ノ ハッケン
書名別名 Kobujutsu no hakken
シリーズ名 カッパ・サイエンス
出版元 光文社
刊行年月 1993.1
版表示 9刷
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4334060714
NCID BA46954239
BN09508939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93023357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想