雑踏の社会学 : 東京ひとり歩き

川本三郎 著

東京は大人にとってのおもちゃ箱…雑踏から場末へ、路次裏から酒場へ、いろいろな場所を歩きまわり、街の表情を凝視め、街の空気を味わった遊歩エッセイ。東京を歩く楽しみを綴って話題を呼んだ本に、最新エッセイを加えた新編集版。河合蘭のナイーヴな写真も楽しい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 雑踏のなかにこそ神がいる
  • 映画の東京地理学
  • 場末回遊
  • 地下鉄が変えた東京の「点と点」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • I 雑踏のなかにこそ神がいる / 10
  • 東京は歩くのが楽しい / 16
  • デモから見た町 / 22
  • 不易の酒場のすすめ / 27
  • II 未完の町 新宿 / 36
  • 白い町 渋谷 / 51
  • 街と町 吉祥寺 / 66
  • 耐える町 池袋 / 80
  • 路地裏の町 赤坂 / 94
  • 歩ける町 銀座 / 109
  • III 映画の東京地理学 / 128
  • 「の・ようなもの」 / 128
  • 「チ・ン・ピ・ラ」 / 130
  • 「赤ちょうちん」 / 131
  • 「魔性の香り」 / 133
  • 「十九歳の地図」 / 136
  • 「火宅の人」 / 138
  • 「早春物語」 / 139
  • 「夢みるように眠りたい」 / 141
  • 「四月の魚」 / 143
  • 「煙突の見える場所」 / 145
  • 「キネマの天地」 / 146
  • 「沙耶のいる透視図」 / 149
  • 「道」「めぞん一刻」 / 151
  • IV 燃えていた町 阿佐谷 / 154
  • わが町 荻窪 / 161
  • 若旦那になる町 麻布十番 / 168
  • 一つ目小町 神泉 / 176
  • V 場末回遊 / 184
  • 洲崎のガイジン / 184
  • 浅草酒場のトランジスタ・ラジオ / 186
  • 高井戸の気弱なイヌ / 189
  • 吉野家のビール / 191
  • 赤羽の家族連れ / 193
  • 茅場町の初老の男 / 195
  • 荻窪の大衆酒場 / 197
  • 大久保のお酉様 / 200
  • VI 地下鉄が変えた東京の「点と点」 / 204
  • 文庫版あとがき / 226
  • 解説 分断された「黄金時代」 小笠原賢二 / 229

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雑踏の社会学 : 東京ひとり歩き
著作者等 川本 三郎
書名ヨミ ザットウ ノ シャカイガク
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.6
ページ数 235p
大きさ 15cm
ISBN 4480021477
NCID BN09163440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87045766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想