アインシュタイン講演録

石原純 著

1992年の末、約1カ月半にわたり来日したアインシュタインが各地を訪れ講演したその内容と、自らの筆による日本感想記、岡本一平の漫画と文章などで構成されたこの本は、日本におけるアインシュタインの足跡を記した記録である。

「BOOKデータベース」より

今世紀最大の科学者アインシュタインは、1922年の末日本を訪れ、約1ケ月半にわたって各地で講演し、熱狂的な歓迎をうけた。この本は、アインシュタインが日本の学生に語った私はいかにして相対性理論を創ったかなど生々しい苦心談や講演、アインシュタイン自身が筆をとった日本感想記、さらに岡本一平の漫画と文章で構成されている。アインシュタインがいかに親しみ深く謙虚で、子供のような好奇心と茶目気を失わない愛すべき人物であったかを生き生きと描いた唯一の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アンイシュタイン教授の講演(特殊相対性理論
  • 一般相対性理論
  • 物理学に於ける空間及び時間
  • 東京帝大特別講演
  • 各地方における講演
  • いかにして私は相対性理論を創ったか)
  • アインシュタイン教授の日本感想記
  • 黒く究まる光
  • ひとりの偉大なる科学者に接して
  • アインシュタイン教授の帰国を送りて
  • アインシュタイン博士の人間味
  • (岡本一平)
  • 学聖を画にして(岡本一平)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • (1)講演前記
  • (2)慶応大学講演前半(特殊相対性理論)
  • (3)慶応大学講演後半(一般相対性理論)
  • (4)青年会館講演(物理学に於ける空間及び時間)
  • (5)東京帝大特別講演
  • (6)各地方に於ける講演
  • (7)京都大学演説(いかにして私は相対性理論を創ったか)
  • (8)講演後記
  • アインシュタイン教授の日本感想記
  • 黒く究まる光
  • ひとりの偉大なる科学者に接して
  • アインシュタイン教授の帰国を送りて
  • アインシュタイン博士の人間味
  • 学聖を画にして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタイン講演録
著作者等 Einstein, Albert
岡本 一平
石原 純
書名ヨミ アインシュタイン コウエンロク
書名別名 Ainshutain koenroku
出版元 東京図書
刊行年月 1978.12
版表示 〔新装版〕
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4489001703
NCID BN0037889X
BN06492934
BN08826892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79003659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想