侍従長の回想

藤田尚徳 [著]

敗戦必至の状況に懊悩する昭和天皇。空襲、重臣間の対立、ソ連参戦、原爆投下…。終戦の決断に至るまでになにがあったのか。玉音放送、マッカーサーとの会見、そして退位論をめぐって君主として示した姿とは。サイパン陥落後の昭和十九年八月から極東国際軍事裁判が開廷する昭和二十一年五月まで側近に侍した海軍軍人の稀有の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空襲下の四方拝
  • 酒と侍従
  • 天皇、軍を叱る
  • 和平に動く吉田茂氏
  • 天皇の終戦秘密工作
  • 陽の目を見た近衛上奏文
  • 御意志に遠い重臣の奏上
  • 皇居炎上す
  • 意中の人、鈴木首班
  • 挫折した近衛特使
  • 聖断下る
  • 再び聖断を仰ぐ
  • 録音盤争奪事件
  • 慟哭、二重橋前
  • 天皇、マ元帥会談への苦慮
  • 近衛公自殺への私見
  • 異例、天皇の心境吐露
  • 人間宣言と退位をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 侍従長の回想
著作者等 藤田 尚徳
書名ヨミ ジジュウチョウ ノ カイソウ
シリーズ名 講談社学術文庫 2284
出版元 講談社
刊行年月 2015.3
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292284-5
NCID BB18227357
BN08537931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22544165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想