海が語る古代交流

朝日新聞福岡総局 編

ナウマン象・米の道・刀伊の入寇・宋人の渡来等、大陸と一衣帯水にある先端基地としての博多を新たな視点から浮き彫りにする。朝日新聞好評連載「はかた学」第3弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昔むかし博多は
  • 奴国の時代
  • 刀伊の入寇
  • 宋人往来
  • 平氏と博多
  • 博多の禅寺
  • 鴻臚館<現場からの報告3>

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海が語る古代交流
著作者等 朝日新聞社
朝日新聞福岡総局
書名ヨミ ウミ ガ カタル コダイ コウリュウ
シリーズ名 はかた学 3
出版元 葦書房
刊行年月 1990.1
ページ数 222p
大きさ 19cm
NCID BN04311959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90031628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想