秘密の心理

小此木啓吾 著

秘密のメンコ・ビー玉のような子ども時代の宝物から、少年期の夢精・自慰のような親にも隠す心や性へと、人間は誰でも発達段階の初期から、他人に対して秘密をいだき始める。自他のあいだに境界線をひく力。自他をグループにくくる力。人間関係を分節し、さまざまな精神病理現象を発現する裏には秘密がある。自己に仮面をつける人みしり、対人恐怖、恥、排除としてのいじめなど、人間形成の原初の場を精神分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自と他を分ける秘密
  • 第2章 自己感覚としての秘密
  • 第3章 見知られる不安
  • 第4章 秘密への羨望と憶測
  • 第5章 秘密を漏らす
  • 第6章 秘密を暴く
  • 第7章 原光景社会の心理構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘密の心理
著作者等 小此木 啓吾
書名ヨミ ヒミツ ノ シンリ
書名別名 Himitsu no shinri
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1986.4
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4061488120
NCID BN04186915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86035750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想