漱石文学作品集  12 (こころ)

夏目漱石 作

この小説の主人公である「先生」は、かつて親友を裏切って死に追いやった過去を背負い、罪の意識にさいなまれつつ、まるで生命をひきずるようにして生きている。と、そこへ明治天皇が亡くなり、後をおって乃木大将が殉死するという事件がおこった。「先生」もまた死を決意する。だが、なぜ…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石文学作品集
著作者等 夏目 漱石
書名ヨミ ソウセキ ブンガク サクヒンシュウ
書名別名 こころ

Soseki bungaku sakuhinshu
巻冊次 12 (こころ)
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.11
版表示 18刷
ページ数 300p
大きさ 20cm
ISBN 4000090127
NCID BA33573709
BA82104351
BN01977007
BN03877400
BN05677945
BN0740695X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91017122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想