弾性理論

エリ・デ・ランダウ, イェ・エム・リフシッツ 著 ; 佐藤常三, 石橋善弘 訳

原書第4版(1987年)による邦訳。固体の熱伝導や粘性、弾性体の振動などに加え、新たに「液晶の力学」の章を加え、工学・物理学に携わる学生および研究者のいっそうの便宜をはかった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 弾性論の基本方程式
  • 第2章 棒および板の釣合い
  • 第3章 弾性波
  • 第4章 転位論
  • 第5章 固体の熱伝導と粘性
  • 第6章 液晶の力学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弾性理論
著作者等 Landau, Lev Davidovich
Lifshits, Evgeniĭ Mikhaĭlovich
Lifshit︠s︡, E. M.
佐藤 常三
石橋 善弘
リフシッツ イェ
ランダウ エリ
書名ヨミ ダンセイ リロン
書名別名 Теория упругости. 4.изд
シリーズ名 ランダウ=リフシッツ理論物理学教程
出版元 東京図書
刊行年月 1989.3
版表示 増補新版
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4489002785
NCID BN03256221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89025444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想