宇宙線 : 高エネルギー粒子の物理学

小田稔 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序説
  • 1.1 宇宙線の研究 / p1
  • 1.2 宇宙線研究の歴史 / p3
  • 1.3 素粒子と高エネルギー粒子の物理学 / p10
  • 第2章 高エネルギー粒子と物質との電磁的相互作用
  • まえがき / p17
  • 2.1 電離 / p20
  • 2.2 電磁散乱 / p29
  • 2.3 粒子の検出装置 / p33
  • 2.4 質量の測り方 / p57
  • 2.5 光子(電磁波)と物質 / p63
  • 2.6 制動輻射 / p77
  • 2.7 カスケード・シャワー / p83
  • 2.8 モンテ・カルロ法 / p92
  • 参考文献 / p94
  • 第3章 高エネルギー粒子と物質との核力による相互作用
  • まえがき / p95
  • 3.1 核力と中間子 / p95
  • 3.2 中間子の性質 / p96
  • 3.3 粒子の衝突 / p115
  • 3.4 核子‐核子衝突 / p123
  • 3.5 核子‐原子核衝突 / p130
  • 3.6 透過シャワー / p135
  • 3.7 π‐中間子-原子核衝突 / p148
  • 3.8 光子‐原子核衝突 / p151
  • 3.9 μ‐中間子-原子核衝突 / p154
  • 3.10 中間子の多重発生 / p160
  • 参考文献 / p163
  • 第4章 超高エネルギー現象
  • 4.1 中間子多重発生の模型(Fermi‐Landauの模型) / p164
  • 4.2 ジェット / p168
  • 4.3 空気シャワー / p178
  • 参考文献 / p189
  • 第5章 新粒子
  • 5.1 新粒子の研究 / p190
  • 5.2 K⁺‐粒子 / p190
  • 5.3 K⁰‐粒子 / p196
  • 5.4 ハイペロン / p197
  • 5.5 新粒子の発生 / p200
  • 5.6 新粒子に対する新しい量子数(西島‐Gellmanの理論) / p202
  • 参考文献 / p205
  • 第6章 大気中の宇宙線
  • 6.1 宇宙線の諸成分 / p206
  • 6.2 μ‐中間子成分(地下宇宙線II) / p210
  • 6.3 電子,光子成分 / p216
  • 6.4 N‐成分 / p217
  • 6.5 大気中の宇宙線エネルギーの収支勘定 / p221
  • 参考文献 / p222
  • 第7章 1次宇宙線
  • 7.1 1次宇宙線 / p223
  • 7.2 地磁気効果 / p223
  • 7.3 1次宇宙線の組成 / p227
  • 7.4 1次宇宙線のエネルギー分布 / p234
  • 参考文献 / p239
  • 第8章 宇宙線の時間変化
  • 8.1 まえがき / p240
  • 8.2 大気効果(気温,気圧効果) / p241
  • 8.3 太陽の影響 / p244
  • 8.4 宇宙線の異常増加 / p251
  • 8.5 恒星日変化 / p260
  • 8.6 極めて長い期間の宇宙線の変化(宇宙線の考古学) / p261
  • 参考文献 / p264
  • 第9章 宇宙線の起源
  • 9.1 銀河系の構造 / p265
  • 9.2 宇宙電波の成因 / p270
  • 9.3 地球近傍の宇宙線 / p272
  • 9.4 超新星 / p277
  • 9.5 Fermi加速 / p279
  • 9.6 宇宙線の起源 / p281
  • 9.7 銀河系外の宇宙線源 / p282
  • 9.8 あとがき / p283
  • 参考文献 / p284
  • 補編1 太陽から吹く風 / p285
  • 補編2 Van Allen帯 / p289
  • 付録 / p293
  • 索引 / p297

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宇宙線 : 高エネルギー粒子の物理学
著作者等 小田 稔
書名ヨミ ウチュウセン : コウエネルギー リュウシ ノ ブツリガク
シリーズ名 物理学選書 ; 第5
出版元 裳華房
刊行年月 1960
ページ数 303p
大きさ 22cm
NCID BN0292099X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60008186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想