いま生命を語る

信州大学教養部生命論講座 編

本書では、まず自然科学的に、あらゆる生物を視野のなかにすえながら生命の原理を考え、ついで医学、社会科学、人間学の諸面からヒトの生命を論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生命とはなにか(生物の起源を探る
  • 化学からみた生命
  • 物理学からみた生命
  • 多様な生命のいとなみ)
  • 第2部 生命の操作(遺伝子を操作する
  • 生物をつくり変える
  • 家畜のバイオテクノロジー)
  • 第3部 ヒトの生命(ヒトの生
  • 病変をみる
  • 老化とは-病気を中心に
  • 老化を防ぐ
  • ヒトの死)
  • 第4部 生命の尊厳(法の扱う生命
  • 宗教に見る死生観
  • 人はなぜ死ぬか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま生命を語る
著作者等 信州大学
信州大学教養部生命論講座
書名ヨミ イマ セイメイ オ カタル
書名別名 Ima seimei o kataru
出版元 共立
刊行年月 1988.12
ページ数 417p
大きさ 19cm
ISBN 4320053540
NCID BN02850770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89011943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想