宮地伝三郎動物記  1 (十二支動物誌)

宮地 伝三郎【著】〔ミヤジ デンザブロウ〕

十二支は、昔から日本人の暮らしに深くかかわってきた。このなじみ深い十二支の動物一つ一つについて、日本の動物生態学の開拓者である著者が、その動物の生態と、人間とのかかわりを中心に、たのしく綴った動物エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ネズミ
  • ウシ
  • トラ
  • ウサギ
  • タツ
  • ヘビ
  • ウマ
  • ヒツジ
  • サル
  • ニワトリ
  • イヌ
  • イノシシ
  • 十二支と禁止文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮地伝三郎動物記
著作者等 宮地 伝三郎
書名ヨミ ミヤジ デンザブロウ ドウブツキ
書名別名 十二支動物誌

Miyaji denzaburo dobutsuki
巻冊次 1 (十二支動物誌)
出版元 筑摩書房
刊行年月 1972
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4480020993
NCID BN02443267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69017241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想