日本の農家 : 自立して生きる人たち

原田津 著

この本の情報

書名 日本の農家 : 自立して生きる人たち
著作者等 原田 津
書名ヨミ ニホン ノ ノウカ
書名別名 Nihon no noka
出版元 三一書房
刊行年月 1977.10
ページ数 259p
大きさ 20cm
NCID BN02268316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77023790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「むら」こそはわれらが国 : 岩手 日山信一さん 原田 津
「振興」の声に危機を悟る : 青森 斎藤昌美さん 原田 津
やっぱり入植してよかった : 長崎 原畑昭牡さん 原田 津
クルミに夢をかけ続けて : 長野 竹内要人さん 原田 津
ハウスにも生きる「豆田」の伝統 : 福井 五十嵐真さん 原田 津
ビルの谷間でも酪農はできる : 末広喜八さん 原田 津
ホウレンソウの裏作がイネ : 徳島 堀江唯一さん 原田 津
一年一年初心にかえって : 山形 鈴木利三郎さん 原田 津
一羽一羽顔色を見ながら : 静岡 横井広一さん 原田 津
他人さまの力を借りないで : 富塚重貴さん 原田 津
伝統に新しいくふうが生きる : 宮城 渡辺長一さん 原田 津
借金したら牛は飼えない : 群馬 萩原トミ子さん 原田 津
働くことを遊びとする : 鳥取 中原信行さん 原田 津
共存共栄の心を忘れない : 関谷武士さん 原田 津
国より一歩先を行く : 福島 佐藤六郎さん 原田 津
地域をつなげ、作目をつなげる : 兵庫 瀬戸亀男さん 原田 津
変わったのは農業ばかりじゃない : 福岡 鹿毛哲郎さん 原田 津
大学を出て十五年、いま中卒と肩が並んだ : 茨城 小林力さん 原田 津
大経営にも悩みはある : 北海道 木原竹弘さん 原田 津
好きだからこそのお茶つくり : 鹿児島 村永正弘さん 原田 津
子どもに土地は残さない : 宮崎 黒木国博さん 原田 津
少なく作って高く売る : 新潟 木原善蔵さん 原田 津
技術を人に伝える尊さ : 山梨 武藤治良さん 原田 津
日の出前にカキ園をひとめぐりして : 岐阜 松尾重雄さん 原田 津
早きこと、必ずしも尊からず : 秋田 斎藤久之亟さん 原田 津
暖地リンゴに半生をかけて : 山口 友清隆生さん 原田 津
機械から「土の命」を取戻せ : 北海道 鷲田潔さん 原田 津
機械の場合、大は小を兼ねない : 岡山 国定正俊さん 原田 津
死んだものと生きたもの : 三重 桂清吉さん 原田 津
深夜にシイタケと話をする : 大分 三浦敏弘さん 原田 津
漁師が陸に上がって : 愛知 葉山長さん 原田 津
炭を焼き、牛を放して「過疎」地に生きる : 新潟 安沢光雄さん 原田 津
田んぼは財産ではない : 石川 竹本平一さん 原田 津
目いっぱいやる農業はやめられない : 熊本 河野吉治さん 原田 津
相模の野にワインかたぎの血がさわぐ : 神奈川 ゲイマー・マーセルさん 原田 津
研究室のフラスコの中から : 三重 赤塚充良さん 原田 津
親子二代、挑むはイネか乳牛か : 島根 福間敏明さん 原田 津
誰が、でなく何が正しいか : 高知 岡崎正英さん 原田 津
転地、転業ではじめた花つくり : 神奈川 五味田昭生さん 原田 津
農業には女手が欠かせない : 滋賀 片山茂男さん 原田 津
農業をやめる理由はなにもない : 京都 西川宏さん 原田 津
鋭い観察からアイデアが湧き出る : 広島 渡辺泉さん 原田 津
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想