英国十八世紀の詩人と文化

中央大学人文科学研究所 編

[目次]

  • 1 「大いなる眠り」への回帰-A・ポープ作『ダンシアッド』についての試論(里麻静夫)
  • 2 牧歌から自然詩へ-世紀前半の詩法の変遷(森松健介)
  • 3 ジェームズ・トムソン-『四季』(坂川雅子)
  • 4 風景の変容-ピクチュアレスクから、スポッツ・オブ・タイムまで(川口紘明)
  • 5 スコットランドの旅-ジョンソンとボズウェル(諏訪部仁)
  • 6 シェイクスピア批評の展開-サミュエル・ジョンソンからS.T.コールリッジへ(上坪正徳)
  • 7 ロマンスと喜劇-『分別と多感』の場合(松本啓)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国十八世紀の詩人と文化
著作者等 中央大学人文科学研究所
書名ヨミ エイコク ジュウハッセイキ ノ シジン ト ブンカ
シリーズ名 中央大学人文科学研究所研究叢書 3
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1988.3
ページ数 354, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4805753013
NCID BN0216813X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88036317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想