経済思想

猪木武徳 著

この本は、経済理論や経済政策を学ぶ人のために、経済思想を構成する基本要素とその歴史的意味を論じたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市場の秩序(市場社会の素描
  • 競争と独占
  • 反市場志向の根源)
  • 第2章 政府の役割(役割と機能
  • 経費の負担
  • 政策目標)
  • 第3章 貨幣と信用(発生についての見解
  • 数量説とケインズ
  • 金属貨幣と紙幣)
  • 第4章 消費・生産・商業(消費
  • 生産
  • 商業と貿易)
  • 第5章 経済学と社会主義(経済学以前
  • 古典派と社会主義
  • 社会主義と経済計算問題)
  • 第6章 労働・知識・自由(労働観
  • 知識と経済的自由
  • 自由の根拠)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済思想
著作者等 猪木 武徳
書名ヨミ ケイザイ シソウ
書名別名 Keizai shiso
シリーズ名 モダン・エコノミックス 24
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.7
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 4000043447
NCID BN01171795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87052146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想