実験でわかる電気をとおすプラスチックのひみつ

白川英樹, 廣木一亮 共著

[目次]

  • 1 導入編(導電性プラスチックについて知ろう
  • ドーピング)
  • 導電性プラスチックとセレンディピティー
  • 2 実践編(もっとも簡単な実験-触媒酸化重合によるポリピロールの合成
  • 電気でつくる電気をとおすプラスチック-電気化学重合によるポリアニリンとポリチオフェンの合成
  • 電気を貯めるプラスチック-ポリピロールの二次電池への応用
  • これがスピーカー?-PEDOTの透明フィルムスピーカーへの応用
  • 手づくりの有機EL素子-PEDOTとMEH‐PPVを使った高分子有機EL素子
  • 手づくりの太陽電池-PEDOTを使ったペロブスカイト型太陽電池
  • ポリアセチレン-電気をとおすプラスチックの原点)
  • 化学実験教室の企画・開発・実施のコツ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実験でわかる電気をとおすプラスチックのひみつ
著作者等 廣木 一亮
白川 英樹
書名ヨミ ジッケン デ ワカル デンキ オ トオス プラスチック ノ ヒミツ
書名別名 Exploring Conductive Polymers Through Experiments
出版元 コロナ社
刊行年月 2017.12
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-339-06644-9
NCID BB25103219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22990126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想