明るく死ぬための哲学

中島義道 著

私が死ぬとき、私は新しい"いま"に直面する!"死"とは"無"なのか"永遠"か。「死」を探究して50年。古稀を迎えたカント哲学者が、哲学的思索の到達点へと誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古稀を迎えて(「死」を見すえ続ける
  • 一七年間の惑いの年 ほか)
  • 第2章 世界は実在しない(仮の世
  • 世界は「観念」である ほか)
  • 第3章 不在としての「私」(客観的世界と私
  • 思考する私の起源 ほか)
  • 第4章 私が死ぬということ(「死」より重要な問題はない
  • 「無」という名の有 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明るく死ぬための哲学
著作者等 中島 義道
書名ヨミ アカルク シヌ タメ ノ テツガク
書名別名 Akaruku shinu tame no tetsugaku
出版元 文芸春秋
刊行年月 2017.6
ページ数 199p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390672-0
NCID BB23992600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22925619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想