入門家族社会学

永田夏来, 松木洋人 編

家族社会学の面白さに接近する本は、これまでもたくさん出版されてきました。しかし、この本には、従来にはない次のような特徴があります。まず、現代的なトピックと家族社会学の成果を架橋していること。数字にもとづく「量的データ」と言葉などにもとづく「質的データ」の両方を用いていること。そして、今日でも根強く残る家族主義を批判的に検討していることです。ひと味違う視点から家族について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族社会学の基本をおさえる(日本社会の家族変動
  • 恋愛と結婚
  • 家族の近代化と子育ての変容
  • 家族と介護)
  • 2 家族の今について理解を深める(社会階層と家族
  • 離婚、再婚と子育て
  • 成人した子どもと親との関係
  • 多様化するパートナーシップと共同生活)
  • 3 家族社会学の幅の広さに触れる(家族とお金と愛情
  • 結婚差別問題と家族
  • セクシュアル・マイノリティにとっての子育て
  • 子育てひろばにおけるやりとりとつながり
  • ポスト工業化社会への移行から考える家族と政治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門家族社会学
著作者等 松木 洋人
永田 夏来
書名ヨミ ニュウモン カゾク シャカイガク
書名別名 an introduction to sociology of family

Nyumon kazoku shakaigaku
出版元 新泉社
刊行年月 2017.4
ページ数 236p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7877-1704-7
NCID BB23501571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22879715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想