百年の散歩

多和田葉子 著

都市は官能の遊園地、革命の練習舞台、孤独を食べるレストラン、言葉の作業場。世界中から人々が集まるベルリンの街に、経済の運河に流され、さまよい生きる人たちの物語が、かつて戦火に焼かれ国境に分断された土地の記憶が、立ちあがる。「カント通り」「カール・マルクス通り」他、かつて国境に分断され、いまや世界中の人々が行き交うベルリンに実在する10の通りからなる連作長編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カント通り
  • カール・マルクス通り
  • マルティン・ルター通り
  • レネー・シンテニス広場
  • ローザ・ルクセンブルク通り
  • プーシキン並木通り
  • リヒャルト・ワーグナー通り
  • コルヴィッツ通り
  • トゥホルスキー通り
  • マヤコフスキーリング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百年の散歩
著作者等 多和田 葉子
書名ヨミ ヒャクネン ノ サンポ
出版元 新潮社
刊行年月 2017.3
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-436105-2
NCID BB23458097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22872540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想