日韓音楽教育関係史研究

藤井浩基 著

"表象"は音楽教育・文化政策にどのような影響を与えたのか。人物、メディア、学校など多角的視点から日韓関係を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日韓音楽教育関係史の試み
  • 第1章 エッケルトを通してみる旧韓国・植民地期朝鮮と日本
  • 第2章 柳宗悦・兼子夫妻の朝鮮渡航音楽会-一九二〇年代朝鮮の西洋音楽受容
  • 第3章 「文化政治」における音楽の奨励-朝鮮総督府政務総監・水野錬太郎の音楽奨励策と在朝音楽家・石川義一
  • 第4章 『京城日報』の音楽関連事業と報道
  • 第5章 「文化政治」期の音楽教育-五十嵐悌三郎の音楽教育活動を中心に
  • 第6章 朝鮮における官立音楽学校設置構想
  • 第7章 歌劇『春香』作曲の構想から初演へ-高木東六と朝鮮
  • 補章 半世紀を経て復活した歌劇『春香』
  • 終章 日本人の韓国・朝鮮表象と音楽-過去・現在・未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓音楽教育関係史研究
著作者等 藤井 浩基
書名ヨミ ニッカン オンガク キョウイク カンケイシ ケンキュウ : ニホンジン ノ カンコク チョウセン ヒョウショウ ト オンガク
書名別名 日本人の韓国・朝鮮表象と音楽
出版元 勉誠
刊行年月 2017.2
ページ数 310,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-27040-9
NCID BB23342831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想