堺屋太一著作集  第3巻

堺屋太一 著

太閤秀吉死去から関ヶ原の合戦まで765日。この間、徳川家康の天下を阻み続けた男、石田三成。一役人に過ぎない三成が、大実力者・家康とわたり合い、国を二分する勢力を成すことができたのはなぜか。綿密な史料分析を礎として、凄烈な戦国の世を鮮やかに描き出す。巨編、完結。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堺屋太一著作集
著作者等 堺屋 太一
書名ヨミ サカイヤ タイチ チョサクシュウ
書名別名 巨いなる企て. 下
巻冊次 第3巻
出版元 東京書籍
刊行年月 2016.8
ページ数 555p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-487-81013-0
NCID BB22035644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22781105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想