基本の色彩語

ブレント・バーリン, ポール・ケイ [著] ; 日髙杏子 訳

色彩・言語研究の金字塔、待望の邦訳。人間が言語を超えて焦点色の観念と基本的な色彩カテゴリーを共有していること、そして色彩を表す語には共通の進化パターンが存在することを論証した画期的研究。膨大な対人調査と言語学的再構に基づく分析は文化人類学、認知心理学などの分野にも大きな影響を与えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 データ、仮説、および全般にわたる知見(方法
  • 基本の色彩語の定義 ほか)
  • 2 基本の色彩語の進化(基本の色彩語彙と技術・文化の複雑さ
  • 基本の色彩語の進化における7段階 ほか)
  • 3 データ(第1段階システム
  • 第2段階システム ほか)
  • 4 結果の要約と推論について
  • 補遺(試験的に調査した20言語の色名とマッピング
  • 色彩語彙の発達-理論化の100年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基本の色彩語
著作者等 Berlin, Brent
Kay, Paul
日高 杏子
Berlin Overton Brent
ケイ ポール
バーリン ブレント
書名ヨミ キホン ノ シキサイゴ : フヘンセイ ト シンカ ニ ツイテ
書名別名 Basic Color Terms

普遍性と進化について
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1041
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2016.5
ページ数 273p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01041-5
NCID BB21308027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22807272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想