ウッドファースト!

上田篤 編集

現在、日本では第二次世界大戦後に植林した人工林が伐採期を迎え、豊富な林産資源を生かす好機にあるにもかかわらず、外材輸入に押され、国産の木は充分に活用されていない。林野庁の「木づかい運動」、林業界の「ウッドファースト」宣言など、「木」の活用を推進する動きがあるなかで、今、我々は「木」にどう向き合うべきか。山/木/建築を結び、「木造の未来」を問う!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 ウッドファーストを進めよう
  • 座談会 日本人にとって「木」とは何なのか?-日本の山・木・建築はどうあるべきか
  • 1 日本人と木の家
  • 2 木の家の良さ
  • 3 適材適所の「木の建築」
  • 現代建築家と「ウッドファースト」
  • 4 山を生かし、里を生かす
  • 座談会 「木」からの地方創生-日本を元気にするために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウッドファースト!
著作者等 上田 篤
書名ヨミ ウッド ファースト : ケンチク ニ キ オ ツカイ ニホン ノ ヤマ オ イカス
書名別名 建築に木を使い、日本の山を生かす

Uddo fasuto
シリーズ名 別冊環 21
出版元 藤原書店
刊行年月 2016.5
ページ数 415p 図版16p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86578-070-3
NCID BB2119623X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22731965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
CLTの可能性と限界 稲田達夫
「木」からの地方創生 増田寛也 ほか, 平岡龍人, 網野禎昭, 編集長 司会
ウッドファーストをどう進めるか 尾島俊雄
ウッドファーストを進めよう 上田 篤
コンクリートの城を「木の建築」にしてみたら 中川理
ドイツ人の木の建築に対する取り組み 内山佳代子
一九九五年「木の建築と都市展」回顧 田中充子
伝統的木造建築 木内修
公共建築物に木を使おう 藤田伊織
和風の屋根が冠されたビルを、どう見るか 井上章一
嗚呼、山を愛する日本人 加藤碵一
国産材をもっと使うためには 長谷川香織
山が変わり、建築が変わる 網野禎昭
山と木をめぐる三千年の日本人の生きざま 中牧弘允
山を生かし、里を生かす 速水亨
新しい木造建築を実践して 木村一義
日本の山・木・建築はどうあるべきか 中村桂子 ほか, 尾島俊雄, 田中淳夫, 編集長 司会
日本林業の現状と課題 海瀬亀太郎
木の家の良さ 川井秀一
木の文化と旅館、そして聖なる空間 竹山聖
木造建築の新しい展開 腰原幹雄
林業経営の困難な課題をどう解決するか 榎本長治
柱賛歌 田中充子
森・里・海を育てる人々 池上惇
樹木の時間と人の時間 田中淳夫
病院・介護施設を「木の建築」にしてみたら 辻吉隆
真の林業再生・中山間地域創生のための自伐型林業論 中嶋健造
私たちはなぜ木の家を捨てたか 鳴海邦碩
組み込まれた杉丸太の斜材 新井清一
縄文人は山に木の家を建てた 鎌田東二
適材適所の木の建築 河井敏明
集合住宅を「木の建築」にしてみたら 渡辺真理
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想