税と社会保障負担の経済分析

上村敏之, 足立泰美 著

激増する社会保障費、悪化する日本財政、社会保障制度の持続可能性が揺らぐ今日。財源と負担、再分配構造の分析から、ポスト「社会保障と税の一体改革」の指針を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会保障財政の展望と課題
  • 第1章 所得税の控除と税率が税収に与える影響
  • 第2章 消費税を含む間接税の所得階級別負担
  • 第3章 法人実効税率の引き下げが設備投資に与える影響
  • 第4章 社会保険料の負担構造(1)国民健康保険制度と後期高齢者医療制度
  • 第5章 社会保険料の負担構造(2)介護保険制度
  • 第6章 所得課税と社会保険料の再分配効果
  • 第7章 社会保険料の徴収構造-国民健康保険料(税)の収納率の分析
  • 終章 政策評価とポスト一体改革の指針

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税と社会保障負担の経済分析
著作者等 上村 敏之
足立 泰美
書名ヨミ ゼイ ト シャカイ ホショウ フタン ノ ケイザイ ブンセキ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2015.11
ページ数 218p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2406-5
NCID BB20039553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22670115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想