隔離の記憶

高木智子 著

社会とのつながりを絶たれてきたハンセン病、隔離の施設。想像を絶する絶望の淵を生き抜いた人々-「人生に絶望はないよ」なぜ、こんなにも明るく、前を向けたのか?朝日新聞の好評連載「ニッポン人脈記-隔離の記憶」の単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国賠裁判、負けたら死にます
  • 愛を語る闘士
  • 人生に絶望はないよ
  • 敵意と、優しさと
  • 「いのちの授業」が残したもの
  • 津軽の春、てっちゃんの詩
  • 親の死さえ願った子どもたち
  • 告白した自信になった
  • トップランナーたち
  • いざ、中国へ
  • ご近所さんに伝えたい
  • いのちと愛の詩人について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隔離の記憶
著作者等 高木 智子
書名ヨミ カクリ ノ キオク : ハンセンビョウ ト イノチ ト キボウ ト
書名別名 ハンセン病といのちと希望と
出版元 彩流社
刊行年月 2015.7
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-2137-1
NCID BB19154849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22617517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想