河合隼雄の読書人生

河合隼雄 著

臨床心理学のパイオニアとして道を切り拓いてきた著者にとって、どんな本がその思考形成と人生に大きな影響を及ぼしたのか。幼い頃から数多くの本に親しんできた著者が、自らの読書遍歴のなかで出会った本を具体的に取り上げ、読書の醍醐味と意味について、わかりやすい口調で語る。娯楽小説から文芸作品、児童文学、仏教経典まで二百冊以上の多岐にわたる本が、その人生とともに紹介される。ユーモアと洞察に満ちた、読書ガイドをかねた自伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 成人するまで(本を読むのは悪い子
  • 西洋の香り
  • ロマン主義
  • 教師から臨床家へ)
  • 2 海外に学ぶ(ユング心理学
  • 異文化理解
  • チューリッヒのユング研究
  • 意識と無意識)
  • 3 日本における心理療法(箱庭と昔話
  • 児童文学
  • 臨床の知
  • 東洋の知、西洋の知)
  • 4 深層意識の探求(エラノス会議
  • 明恵の導き
  • 物語の意味
  • 日本神話の構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河合隼雄の読書人生
著作者等 河合 隼雄
書名ヨミ カワイ ハヤオ ノ ドクショ ジンセイ : シンソウ イシキ エノ ミチ
書名別名 深層意識への道
シリーズ名 社会 285
岩波現代文庫 285
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.4
ページ数 255,9p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603285-2
NCID BB18447397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22564900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想