ロボットの人類学

久保明教 著

ロボット神話を解体する!ポストプルーラル人類学の挑戦。マンガやアニメのなかで活躍する一方、人間の生活を支える新技術として研究されるロボット。私たちはなぜ彼らを生み出してきた ?ロボットをめぐる文化/科学的実践を分析し、機械と生命、欧米と日本、過去と未来をつなぐ機械人間と日本人の密やかな関係を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 あいまいな日本のロボット
  • 第2章 はじまりのロボット
  • 第3章 文化としてのロボット
  • 第4章 科学としてのロボット
  • 第5章 ロボットの時間
  • 第6章 私たちとロボット

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロボットの人類学
著作者等 久保 明教
書名ヨミ ロボット ノ ジンルイガク : ニジッセイキ ニホン ノ キカイ ト ニンゲン
書名別名 二〇世紀日本の機械と人間
出版元 世界思想社
刊行年月 2015.3
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1649-5
NCID BB1826288X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22567744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想